カラオケ嫌いのためのページ

 

カラオケ行きたくね~

 

けど、行かないといけない場面に遭遇しそう・・・。

毎回二次会にカラオケが選ばれないかハラハラする。

そんな人が少しでも気分が軽くなるような記事を書いていこうと思います。

まず、カラオケが嫌いな人がいることは全く悪いことではありません。

行かないで済むならそれが一番です。

ただ、カラオケは行く流れになることは、結構な頻度であると思います。

(私は体感的に飲み会の次くらいカラオケに行ってる気がします)

 

カラオケが嫌いだからと言って、強くカラオケを拒否すると、
微妙な空気になることもありますし、

どうせ行くなら無難に乗り越えられるように対策してみましょう!

 

カラオケに行ったことのないA君に、なぜ行きたくないかを聞いたみた。

 

A
歌うことが好きじゃない
A
音痴だから、人前で歌うとかありえない
A
歌詞がわからない
A
お前の存在が更に気を重くするんだよ、採点
A
ルールとかめんどくさい

坊主憎けりゃ袈裟まで憎いという感じで、他にも客層が悪そうとか
店が汚そうとか色々行ってましたが、主なのは上の5つかなと思いました。
一つずつ対策を書いてみます。

①歌うことが好きじゃない

一般人は音楽の授業かカラオケくらいでしか歌う機会はないと思います。
授業では、ある程度上手さが求められるので、歌が苦手な人は歌が嫌いに
なるかもしれません。

カラオケがきっかけで歌うこと自体を嫌いになる人は少ないのではないでしょうか?
嫌いになるとしたら、他の要因でカラオケ自体が嫌いになって、歌うこと自体も嫌いに
なったというパターンだと思いますので、次項目以降で改善策があればと思います。

②音痴だから、人前で歌うとかありえない

これが一番多いと思います。

ぶっちゃけ言いますと、周りの人は
ほとんどあなたのことは見てないです。
理由を書きます。

一緒に行く人を二種類に分類します。
カラオケに慣れてる人と、慣れていない人です。

慣れてる人

慣れてる人は、既にめちゃくちゃ上手い人や、まったく音程がとれない
人とのカラオケを既に何度も経験しています。
ですので、あなたが上手かろうが下手であろうが関係ありません。
むしろ、慣れていないあなたをどのように楽しませるかを考えていて
それどころではない可能性すらあります。

慣れてない人

同行者の方からは、あなたはここに分類されます。
今あなたは周りの人のことも気になっているかもしれませんが、まず自分がどう思われるか、
が一番気になっていると思います。
周りの人の歌の上手さなど二の次のはずです。
つまり、ちゃんと聞いていないので、気にする必要はありません。

③歌詞がわからない

お前は何を言っているんだと思いましたが、

一回もカラオケに行ったことのないA君は、

カラオケに歌詞が出ることを知らなかったのです!!

ここまで知らない人は少ないと思いますが、

分からないことがあるから気が重い人はいると思いますので、

基本的なことをまとめた記事を紹介します。

お店の利用方法
機種の選び方
曲の選び方

④お前の存在が更に気を重くするんだよ、採点

これは凄く分かります。

さっき周りの人はほとんど気にしてないって書きましたが、

点数は見るやん!!

点数が高いから何って訳でもないですが、

数値化されるのはなんか癪ですよね。

良い点の出し方等は様々なページで紹介されていると思いますので、
採点を回避する方法を真剣に考えた記事を紹介します。

⑤ルールとかめんどくさい

確かにカラオケ特有のルールはありますが、

どんなことにもルールはありますよね。

これも、ルールがめんどくさいのではなく、

ルールを知らないからめんどくさいと思い込んでいるだけだと思うので、

あまりやらないほうが良いことを紹介します。

①スマホをずっといじる

時間の確認や、歌う曲を調べるだけならいいですが、
ずっといじられると気分はよくありません。

②他人の曲を勝手に演奏中止したりキーの変更を行う

真剣にゲームで対戦しているときに、コントローラー

抜かれたら切れますよね。それと同じようなことです。

③一緒に大声で歌う

許可を取れば、むしろ楽しいことですが、

勝手に大声で入られるのは嫌なものです。

④歌っている人を一人残してトイレに行く

寂しいです。

 

そんなに難しいルールはないと思いますので、気負わず行きましょう。

 

 

いかがだったでしょうか。

少しでもカラオケの苦手意識がなくなれば幸いです。

更新日:

Copyright© 20台男の趣味ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.