未分類

採点を回避する方法

投稿日:

採点が嫌いな人は多いと思いますし、初めてカラオケに行く人は、

採点が不安の種の人は多いのではないでしょうか(自分もそうでした)

良い点の出し方等は様々なページで紹介されていると思いますので、
採点を回避する方法を真剣に考えてみました。

ちなみに、採点はON/OFFを切り替えることができます。

①採点したくないと言う

同調してくれる人がいれば勝ちです。採点が嫌そうな人とあらかじめ口裏を合わせ、複数人で言えば採点を入れずに済みます。
ただ、入れたくないと言いづらい場合もあると思いますので、それらしい理由をいくつか考えてみました。

1、テンポが悪くなるから
採点を入れると、一曲終わるたびにいちいち点数やコメントが表示されます。
すぐに飛ばすとしても毎曲終わるたびに10程度のロスが発生します。
2、採点画面を消すのがめんどくさい
採点結果が表示されるたびに、次の画面に遷移させるためのボタンを押さなければならず、面倒です
時間が勿体ない+ボタン押すのが面倒くさいとテンポとの合わせ技で中々効果がありそうです
3、キーの調整や速度の調整が出来なくなるから。
JOYSOUNDのみですが、分析採点をすると、曲が流れている最中のキーの調整や、曲の速さ調整が
出来なくなります。実際、歌い始めてからキーを調整することがある人からするとかなり邪魔です。
4、PVが見えづらくなるから
採点を行うと、音程があっているかを示すバーが表示されたり、
そもそも採点専用の画面になったりします。
これも、PVを皆に見てほしいから選曲する人にとっては邪魔です。
5、音程のずれが見えるせいで萎えるから
最近の採点は、歌っている最中にも
音程やリズムがあっているのか可視化されるものが主流です。
そのせいで気持ちよく歌えないと言いましょう。

②むしろなぜ採点を入れたいのかを聞く

角が立つかもしれないので、あまりおすすめはしませんが、
たまに音程のバーが無いと自分が音を取れているかどうか分からないから
採点を入れたいという人がいます。
あまり知られていませんが、見えるガイドメロディーという機能で
音程バーを表示させることができるため、採点を避けられるかもしれません。

③自分の番になったら採点を終了するようにする。

DAMであれば、曲中でも採点を消すことができるので、
自分の曲が始まったら採点を終了しましょう。

 

やはり、入れたくないのであれば、自分が入れたくないと

主張するのが一番だと思います。

ここまで読んでもらっておいてなんですが、素直に恥ずかしいからというのが一番効果的だとは思います。

-未分類

Copyright© 20台男の趣味ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.